便秘解消には・・・

便秘になったら直ちに、便秘薬にすがろうとする人がいるみたいですが、これはダメです! 一から便秘を解消するには、便秘になりやすいライフスタイルの改善が絶対必要です。 便意があったら、排便を我慢しない 便秘の解消方法として、まず大切なことは便意が…

シワと紫外線について

シワも紫外線が原因よって発生します。 紫外線は肌細胞を傷つけながら肌の表皮から真皮に侵入しようとします。そこでメラノサイトがメラニン色素を出して侵入を防ぎますが、それでも侵入を許すことがあります。 この理由により真皮までも紫外線によって痛ん…

美容と健康

どれほど時間がなくても、美には手を抜きたくないというのが乙女心。ところが、飲み会続きで不摂生続きだし、運動をする時間もゼロ……。そんな時に味方につけたいのが、痩身食品やサプリ。ひと昔のダイエットと言いますと、リンゴやキャベツなどのつらくてカ…

スプレーファンデーション

クリームファンデーションを圧倒するカバー力とパウダーファンデーションを上回る軽快な使い心地、こんなファンデーションがあるのを聞いたことありますか?新しいお化粧アイテムとして人気を集めるスプレーファンデーションなんです。最も人気のあるオンリ…

5αリダクターゼ

5αリダクターゼと言いますのは身体の中にあります酵素の1つで、電子の情報交換を行なう事から還元酵素(リダクターゼ)と言われています。この5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2パターンがあり、それぞれが全然違うところにあるのです。 頭皮の構造で、5αリ…

糖質制限ダイエット

ここ数年、話題のダイエット法といえば「糖質OFFダイエット」。「低炭水化物ダイエット」「ローカーボ(Low carb)ダイエット」という風にでも呼ばれており、ここ4~5年、数えきれないくらいメディアに取り上げられてきたのでご存じの方も多いでしょう。 糖…

育毛剤の効果と役割

1 頭皮の血行促進効果 男性用育毛剤に含まれている効果が頭皮の血行促進効果です。 髪の毛に必要な栄養分を届けているのは血液です。 血液の流れが悪くなると毛母細胞が正常でなくなり抜け毛も増加してきてしまいます。 男性用育毛剤に含まれている成分で頭…

グリチルリチン酸ジカリウムとは

グリチルリチン酸ジカリウムとは、漢方の原料として知られる 甘草に含まれる成分であるグリチルリチン酸とカリウムの融合体です。 数ある育毛剤にもこのグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているのですが、 どういった育毛効果が期待できるのでしょうか。…

AGAの現実

男性がハゲる一番多い要因は「AGA」なんです。 AGA男性のはげになる原因のほとんどがAGA(男性型脱毛症)です。 AGAの特徴としては、頭頂部や生え際の発毛サイクルが乱れて毛が段々細く短くなり、進行すると産毛のような細い毛だけとなり、まるで毛…

ニキビの原因と解消方法

ニキビをお手入れするとい方法も大切なんですが、予防してニキビができづらい肌を作ることも肝心だと言えます。ホルモンの働きがニキビの生成に大きな影響を与えます。その為、ホルモン分泌を整える生活習慣を心掛けることこそが一番の予防になります。 紫外…

眼精疲労とアサイーベリー

アサイーはポリフェノールとアントシアニンたっぷりのくだもの アサイーは「ブラジルの奇跡」と呼ばれるフルーツで、正式名称をアサイーベリーといいます。 アサイーがふんだんに含んでいるポリフェノールは、なんと赤ワインの約30倍もある事が知られていま…

ニキビケア2

ニキビの根本にある原因は毛穴のつまりですが、毛穴を詰まらせる原因は、間違ったスキンケアやストレス、食生活、ホルモンバランス、生活習慣、手で肌を触るくせまで、いろいろあります。 できてしまったニキビを治療するだけでなく、ニキビの発生につながる…

老眼

老眼による一番の目の症状は、①水晶体の硬化、②毛様体筋の弱まり、③虹彩の動きの鈍化です。これらに関しては加齢によってどんな人でも起こることで、100パーセント止めることなど不可能ですが、症状を軽くできる可能性はあります。ですから老眼のメカニズム…

BBクリーム

BBクリームという名前の「BB」が表すのは、Blemish Balmの頭文字です。ブレミッシュは「傷・欠陥」、バームは「軟膏・香油」という意味で、以前までは皮膚の炎症を鎮静化し外側の刺激から肌を保護する目的で誕生したドイツ生まれの医療用軟膏でした。 BBクリ…

太陽と健康管理

太陽の光の中には、見ることができる光「可視光線」と、目に見えない光の「赤外線」「紫外線」があります。 紫外線はその中で最も波長の短い光で、日焼けやシミの原因になることばかりが注目されていますが、良い所もあります。 実は、皮膚でビタミンDを生成…

プラセンタ

プラセンタはメラニンの生成を抑制するところから、美白効果も期待できます。ですができてしまったシミを改善する効果は高くないので、シミの予防として使うと良いと思います。 プラセンタの代表的な働きは、肌を若返らせることとなります。肌のターンオーバ…

老人性イボ

老人性のイボは、首などにポツポツと小粒なものが発生するのが特色です。加齢が進めば、皮膚のターンオーバーが乱れることがあります。ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことを意味します。つまり、古い肌が新しい肌へと入れ替わるサイクルということです。 …

フラーレン

フラーレンとは炭素がサッカーボル状に形成された分子で、炭素と言うとダイアモンドやカーボン繊維(炭素繊維)を思いうかべると思います。簡単に言えばフラーレンはそのようなと同じ系統の成分です。 1985年に英国サセックス大学と米国ライス大学が共同でフ…

キャピキシル

キャピキシルはカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社という化粧品会社によって発明された発毛成分です。医学的な検証に基づくAGA治療薬と異なり、オーガニック成分に由来する効果を科学的に検証して合成された革命的発毛成分として近年急速に注目を浴びるように…

アルガス-2という成分

Algas-2(アルガス-2)」は今までなかったイクオスに関して発売元である株式会社キーリーが作り出した独自の新成分で、これは強力な育毛効果や発毛促進効果を誇る海藻に由来する成分を2つ配合したものとなります。 その2つの成分のうち1つは従来のM-034です…

プエラリアミリフィカ

プエラリアミリフィカの成分はショ糖と食物繊維がほとんどなんですけど、女性ホルモンに似た作用を持つ成分とされる植物性エストロゲン・イソフラボンといった成分が含まれています。この2つの成分の含有量は大豆の40倍とも言われています。エストロゲンとは…

ニュートロックスサン

初めにニュートロックスサンは、運良く見つかった成分ではありません ニュートロックスサンは、10年以上の歳月をかけスペインの大学で研究開発された100%天然由来の成分です。その中身はローズマリーの葉っぱと、シトラスの果実から抽出されたポリフェノー…

毛穴の黒ずみ

毛穴の黒ずみの適した解消法角栓詰まり 週に2度程度ピーリング石鹸や酵素洗顔剤で穏やかに古い角質を落とし、普段のクレンジングや洗顔は優しく手早く行って、角質層へのダメージを最小限にすることをおすすめします。保湿をきちんと行なうことも大切だと言…

シミとそばかす

シミとそばかすはどうやら同じように見え、ひとまとめにされることが多いものですが、その二つは別物なんです。できる理由を知るとその違いが理解できます。 シミができる理由シミは、ニキビ跡などの炎症や紫外線によるダメージ、加齢と言った後天的なものが…

シミとそばかす

シミとそばかすはどうやら同じように見え、ひとまとめにされることが多いものですが、その二つは別物なんです。できる理由を知るとその違いが理解できます。 シミができる理由シミは、ニキビ跡などの炎症や紫外線によるダメージ、加齢と言った後天的なものが…

ひげ

髭を抜くクセになっている人って、少なくありません。実は【髭は抜くと濃くなる】事はご存知でしたか? どうして抜くと髭は濃くなるの? 髭(毛)は毛根の下の毛乳頭という部分が毛細血管と繋がっていて、栄養を取り込んでいます。毛は抜くと毛根ごと抜けま…

紅茶

紅茶にはカフェインという成分が含まれています。 このカフェインという成分は脂肪の分解を促してくれる作用があるようです。ですが考えてみればお気付きだと思うのですが、紅茶好きの方がみんな痩せているわけではありません。 本気でダイエットをしたいと…

甘茶

甘茶は名前からも分かるように、とっても甘いお茶です。その甘さはなんと、お砂糖の1000倍と言われているほどです。 防腐効果や塩なれにも効果的と言われていて、医療薬の苦みを和らげるのにも一役買ってくれます。 さらに、甘いお茶と言ってもカロリー0!な…

グルコサミン

私達の身体の中にある関節がなぜ滑らかに動くのか、考えたことがあるでしょうか?関節は、骨同士が結び付いている部分です。硬い骨と骨とが接しているのに、何故こんなに滑らかに動いているのでしょうか?それは、骨の先端に軟骨があり、骨同士が直接こすれ…

スッポン

スッポンは歩く漢方薬と呼ばれていて、2億年以前から姿・形を変えず世界各地に存在し、寿命は約100年、水のみでも1年は生き続けることができるという驚くべきパワーを持っています。古来より滋養強壮、強精剤として活用されており、その効果は身体を温め、…

妊娠・妊活

卵子や精子の質を意識したことがあるでしょうか? 実は10代・20代と若かった頃は元気だった卵子や精子も、歳を重ねるごとにその機能は老いてきてしまうのです。そして加齢だけに限らず卵子や精子の質をダウンさせる理由はたくさん存在するのです。。 それか…

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器では永久脱毛にならないまず、あなたの希望しているのが、単なる現在生えているムダ毛をスッキリしたい、今のムダ毛を少しでも薄く見えるようにしたいという事ではなく、 「キッチリともうムダ毛が生えてこなくなる永久脱毛をしたいという希望な…

ワキの黒ずみ

ワキの黒ずみは、メラニン色素の沈着が大きな要因となります。デリケートゾーンやお尻など他の部位の黒ずみと同様に、メラニン色素が沈着することで脇にも黒ずみが出来てしまうのです。 メラニン色素ができる原因は日常生活でもいくつかの理由があるので、し…

ピディオキシジル

まず、ピディオキシジルは又の名を「ミノキシジル誘導体」と呼ぶようです。これはピディオキシジルの化学式が限りなくミノキシジルに近いことからそう呼ばれているみたいです。 ミノキシジルの効果は、その名を継承するピディオキシジルの期待値がそれだけで…

ビサボロール

ビサボロールは、カモミールの精油に含まれる成分で、メラニン生成抑制や消炎作用があり、高い美白効果があることが知られていて、さらに静菌作用に加え、天然の品質維持成分としても活用されています。 そして、安全性が高いことも特徴で、敏感肌の方を始め…

オールインワンゲル

オールインワンゲルの長所をおさえて、日々のお手入れに役立てて行きましょう。オールインワンゲルの魅力を3つお話します。 ① お手入れが楽にできるオールインワンゲルの一番の魅力と言っても言い過ぎではないのは、なんと言ってもそのユーザビリティーでし…

脱毛第3章

病院の医療脱毛とエステサロンで行われている光脱毛(IPL脱毛・プラズマ脱毛など)の違いは、使用する脱毛機器が違うことが1番のポイントです。病院には医師が常駐しているため、施術中に何らかのトラブルが発生しても適切な処置が行うことができます。このた…

永久脱毛

「永久脱毛」とは、一般の認識としては、文字通りに脱毛したムダ毛が永久に生えてこないように毛の再生力をなくすものです。 アメリカの電気脱毛協会(AEA)によると、「永久脱毛」とは「脱毛完了後1ヶ月時点の毛の再生率が20%以下」になることと定義されて…

脱毛2章

ワックス脱毛(ブラジリアンワックス)水飴のような強い粘着力のある脱毛用のワックス剤を塗った後、そのワックスを引きはがして毛根から脱毛する施術。古い角質もとれるので、ツルツルの肌に生まれ変わるのが良い点。 繰り返し行えば、毛の再生がだんだん遅…

茶麹

毎朝スッキリできない・頑固なずっしり感がある・ストレスを溜め込み気味…といったことで困り事ではありませんか?身体的リズムを整えてスッキリさわやかな毎日を過ごしたい方に、頑固だった便秘が解消されポッコリお腹もへこんできたと、ネットや口コミで好…

脱毛

ズバリ言うとエステサロンで使われている脱毛器というのは、毛乳頭や毛の幹細胞を破壊しないレベルのエネルギーでトリートメントを行い、永久脱毛ではなく減毛を目指した器機なんです。なので、、脱毛サロンの脱毛は「永久脱毛」というワードは一切使っては…

オールインワンジェル2

オールインワンゲルの一番の魅力と言っても過言ではないのは、なんと言ってもその手軽さでしょう。 肌のお手入れはとても大切ですが、忙しい日は、化粧水をつけてから美容液をつけ、さらに乳液、クリーム・・・という手順がやや面倒だと感じることもあるのでは…

リノレックS

「リノレックS」が発見されたのは1980年代後半。当時日本での美白研究は、シミのもととなるメラニンがつくられる際に関与する、酵素チロシナーゼの活性化をいかに抑えるか、が主流でした。 商品ご購入のご案内 サンスター土室(はむろ)研究所 しかし、「リノ…

ニキビケア3

ニキビは顔以外の場所にも見られます。顔以外の場所で好発部位とされるのが背中です。背中にできるニキビも顔にできるニキビもその発生のメカニズムに変わりはありませんが、その原因は様々で特定が難しいのが特徴です。また、自分の視界に入らない場所なの…

レーザー脱毛

レーザー脱毛とは1996年にアメリカで始められた方法で、ある特定のレーザー光線の波長(700~1000nm)が黒い色に反応し、熱が吸収される性質を利用したものであり、皮膚細胞にはダメージを与えず、メラニンを含んだ毛根に熱エネルギーを与え、永久脱毛を行う…

脱毛4

レーザー脱毛と光脱毛の違いとは? プロの手を借りて脱毛しようと考えるとき、大きく二つの選択肢があります。ひとつは、エステサロンや脱毛専門サロンでの脱毛。もうひとつは、美容クリニックでの脱毛です。 サロン脱毛の主流は「光脱毛」、クリニック脱毛…

ムダ毛2

年齢でも大きく異なりますが、一般的に足のムダ毛処理の頻度と言うと、一番多いのが週に1回~2回ぐらいで、全体の25~30%となっているようで、後は、2週間に1回であったり、3週間に1回であったりと分かれています。 一方毛深い女性、いわゆる剛毛女子のみを…

家庭用脱毛器第2章

現在市販されている家庭用の脱毛器には3つの種類があります。それは「フラッシュ式(IPL光)」「レーザー式」「熱ワイヤー式(熱線・サーミコン)」ですが、「熱ワイヤー式」は脱毛というよりも除毛であり脱毛効果が低いと言われているので、ここでは「フラ…

除毛クリーム

■ムダ毛が生えるスピードはわきと手足とで違う?除毛後どのくらの期間でムダ毛が生えるのかを知っておくと、脱毛クリームや脱毛ムースなどの使用頻度の参考となります。通常、わき毛の場合は1日に約0.3ミリ伸びます。うで毛や足毛の場合は、0.2ミリから0.4ミ…

ムダ毛

まずは、ムダ毛がなぜ生えるか、ということについてですが、ムダ毛の発生にはすべて意味があります。意味のないムダ毛などあり得ません。人間をはじめとする動物にとっての防衛に対する適応として、ムダ毛が生えるという理由が一番わかりやすく、また良く知…